スポンサーリンク

雨の日の【ぐんまフラワーパーク】

遊びスポット

3連休最終日。

朝5時30分から息子と朝食をとります。

 

休みの日はなるべく”息子がまだ行ったことが無い公園や観光スポット”へ連れて行くことを自らに課しているため、外は大雨ですが家族3人で日帰り観光へ行ってきました!

 

この日のターゲットは「群馬県前橋市」

特に意味はありません。

しいて言えば自宅から120キロ位で行けるから…

 

とりあえず関越に乗ってから行き先を決めます。

 

妻と話し合った結果、「群馬にもフラワーパーク」があるとの事で向かう事にしました。

ぐんまフラワーパーク

住所… 群馬県前橋市柏倉町2471−7

アクセス… 北関東自動車道より伊勢崎IC下りて前橋・渋川方面へ約15Km

入場料…大人600円 ※時期により変動

駐車場…無料

どんな場所か↓

ぐんまフラワーパークは、群馬県前橋市柏倉町にある群馬県立の植物園。赤城山の裾野に広がる。年7回の花まつりがあり、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いている。花と緑の学習館では、体験教室が行われる。

総面積18.4haの敷地に、フラトピア大花壇(約6000m2)、高さ18mのパークタワーが設置され、ほか、温室エリア、庭園エリア、ガーデンエリア、キッズエリアに分かれている。

春はフラトピア大花壇で20万球のチューリップを咲かせる。冬は、数十万~100万個のイルミネーションを行う。

ウィキペディアより

園内へ

外は大雨から小雨へ。

開園は午前9時ですが、丁度9時5分に到着しました。

お客様は私達と他2組のみ。ほぼ貸切状態です。

園内

7月とあってチューリップや桜はありませんが、手入れの行き届いた花壇が並んでいます。

 

園内は基本的にはバリアフリーですが、一部階段や砂利、土の道路もあるため、小さなお子様は抱っこ紐がお勧めです。

温室エリア

この日はあいにくの雨でしたが、ぐんまフラワーパークには”温室エリア”とよばれる「屋根付き」のエリアがあります。

この日は「世界各地の不思議植物」特集。

ここでは傘をささずにアマゾンや熱帯地方の自然が楽しめます。

熱帯エリア
サボテン

写真展

ブラジルやフィリピンの自然を楽しんだあとは「期間限定の写真展」へ。(7月15日までの期間限定)

トマト
写真展
農業サンバイザーを被ってインスタにアップ しよう!

農業カメラマンの「綱野文絵」さんの素敵な写真が並んでいます。

 

ちびっこ広場

所変わって次は「ちびっこ広場」へ。

ちびっこ広場

生後7カ月の息子にはまだ早いですが、お子様が乗り物にのったり、噴水で遊んだりできるスペースが豊富にありました。

トレイン

パークタワー

次は18メートルもあるパークタワーへ。

パークタワー

エレベーターがあるので、楽に登れます。

この日も十分、見晴らしは良かったですが、チューリップの季節や桜の季節ではあたり一面に花が見えるそうです。(7月、雨、あまり良い条件ではなかったようです)

 

その他

他にも・四季のエリア・日本庭園・イングリッシュガーデン等を楽しめます。

※但し、7月はメインの季節ではないようで、まだ花が咲いてない花壇が多いです。

イングリッシュガーデン

それでも散歩しているだけで別世界を味わえます。

感想

残念ながら雨でしたが、逆に「ほぼ貸切状態」ですべてのエリアを約90分かけて歩き回ることができました。

 

ただし、ぐんまフラワーパークのホームページを見る限り、やはり花は「春or秋」が見頃なので、7月は「緑の自然の中をお散歩やピクニック」くらいの気持ちで遊びに来た方が良いです。

7月の数少ない花

 

帰りに売店でお買い物

せっかくなので、売店へ行ってみると「地元群馬の野菜」が格安!

茄子2本とピーマン、ししとう、計4つを「50円!」で購入です。

ついでにぐんまフラワーパークのキャラクターである「花の妖精 ピアちゃん」の人形を息子へプレゼント!

ピアちゃんと茄子

秋にまた来ようと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました