スポンサーリンク

第一希望の保育園に受かるまで

保育園ネタ

保育園、無事に決まりました。

初の事なので分からない事だらけでしたが、とりあえずホッとしています。

保育園に受かるまで

我が家の場合、出産予定日が12月だったため、息子が生まれる前から保活をスタートしなくてはなりませんでした。

 

まず9月頃から近所の保育園の見学がスタートとの事。

 

私達は夫婦共働きのため、『家から近い事』を第一に保育園探しが始まりました。

保育園の候補選び

とりあえずネットで街の保育園を検索してみます…

そしてネットの情報を元に

・家からの距離

・最寄駅からの距離

・見学の日時

・電話番号

・朝と夕方の保育開始と終了時間

 

上記を妻がメモしていきます。

 

検索の結果、0歳保育が可能な保育園が近所に3箇所ありました!

 

A保育園…家から20メートル 昨年出来たばかりの小規模保育。

 

B保育園…家から300メートル 大手会社運営の小規模保育。

 

C保育園…家から600メートル 家からは遠いが、駅徒歩1分の立地のよい小規模保育。

 

次にHPの電話番号に突撃電話をします!

 

『保育園を見学したいのですが…』とTEL。

 

各保育園とも電話越しで快い返事が。

 

A保育園…個別対応でこちらの希望の日時で見学可能。昨年出来たばかりで少し不安でしたが、園長先生が丁寧に対応。

 

B保育園…某有名会社経営の保育園だけあって効率優先なのか?『一斉見学会及び説明会』の案内をいただきました。見学の結果、大手だけあって設備も整っていて好印象です。

 

C保育園…個別対応でこちらの希望日時で見学可能。施設の清潔感がなく、少し不安になりましたが、人当たりはとても好印象。ただ、家から600メートル歩くのは少し大変な感じです。

 

見学の結果夫婦で作戦会議。

 

私達の街には保育園が約30施設ありますが、保育園申込用紙には上記の3つの施設のみを記入。

 

第一希望は家から最も近いA保育園に!

第二希望は駅から近いC保育園に。

第三希望は某大手会社経営のB保育園に。

保育園申込

10月に役所のHPから申込用紙を印刷。

勤務先にも『在職証明』を作成してもらいます。

 

そして11月、夫婦で街の役所へ行き提出しました。

※申込用紙には、まだ息子は産まれていないため『出産予定日』と『仮の名前』を記入します。

結果通知

保育園の選考結果は3ヵ月後の2月中旬に役所から郵送で届きました。

 

『A保育園』に『内定』の他、今後は直接『A保育園』から連絡があるので、後は”よろしく”と言った感じの内容です。

入園説明会・個人面談

保育園内定から数日後の2月中旬。

A保育園から『○○くんの保護者様宛』と書かれた封筒が…

 

『入園説明会及び個人面談』の案内と書かれています。

 

2月下旬。

指定の日にA保育園へ。

どうやら、0歳の同級生は息子の他に2人。

計3人が入園するみたいです。

 

入園説明会では主に

『保育園のルール』

『親が用意する持ち物』(着替え3着、ヨダレかけ、袋、オムツ、布団シーツ等々)

『入園前健康診断の案内』

『先生の自己紹介』等

上記の内容で2時間位のボリュームでした。

入園前健康診断

3月上旬。

近所の子どもクリニックのお医者さんが保育園にやってきて、入園前の健康診断を実施。

他、個人面談及び質問会を行う。

所要時間、約30分。

入園式

以上が保育園入園までの流れです。

後は4月1日の入園式を待つばかり。

 

※0歳の入園式なので、特別な式があるわけではなく、私達夫婦も私服で見学程度で良いとの事です。

振り返って

私達の場合、

・夫婦正社員で共働き

・0歳から入園希望

・街の待機児童は2ケタと少なめ?

 

上記の条件だったため、『どこかには受かるだろう』という目論見の元、保活をスタートしました。

※結果、運よく第一希望に受かることが出来ましたが…

 

そんなことより、保活中に困った事といえば、子どもがまだ産まれていなかったため、抱っこひもで歩いて送迎する大変さとか、雨の日の送迎とかのイメージを持っていなかった事です。(かなり楽観的でした)

 

結果的に浅はかな知識ながら『家から一番近い保育園』を選んで正解でしたが、設備がキレイとか、感じ良いとか言うだけで、家から遠い方を希望していたら、後悔していたと思います。

※子どもが産まれてから分かりましたが、雨の日の抱っこ危険です。

 

私達のように出産前に保育園の申込をする人は、見学だけではなく、『実際に10キロの荷物を持って保育園まで歩いてみる』とか『先輩ママ』『先輩パパ』の話をたくさん聞く…とかして、イメージをわかせると良いかもしれません。

 

後悔先に立たずです。

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました