スポンサーリンク

夫婦で育休のメリット

男性の育休について

夫婦同時に育児休業を取るメリットは様々あります。

・子どもの成長を夫婦で共有できる

・育児、家事の効率が圧倒的に良くなる(ママ曰く→正直ひとりだったら、3時間ごとの→息子に授乳→オムツ→寝かせ、のサイクルで精一杯とのこと)

・男性の子育てに対する偏見?(専業主婦より働く男の方が偉い?のような偏見)がなくなる

・育児ノイローゼになりにくいはず(夫婦で新生児の対応をした方が、圧倒的に心強い)

・行動範囲が広がる(特に車があれば尚よし)

等々あるなと実感しています。

以下は行動範囲が広がるを実感した1日です。

車で奥多摩へ

ひとりで子どもの面倒を見る場合、子どもと外出することのハードルは物凄く高いです。(我が家は生後47日)近所のスーパーに行くにも、車でどこか連れていくにも、子どものオムツや授乳、グズリに対して、ひとりで対応しなくてはなりません。

その点、夫婦で育児をしていると安心して外出することが可能です。

先日は朝から子どもを連れて1日中家族で出かけました。

まずは息子に太陽と森林の恵みを感じてもらうため、ひたすら西へ、青梅を抜けて奥多摩へ

奥多摩駅から白丸ダムへ

平日なので、道も空いてます!

トーベ・ヤンソン

続いてお隣の飯能、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

ここの良いところは、駐車場も入場料も無料なところ。

ムーミン作者の資料館やムーミン谷にありそうな建物の中で子どもと楽しむことが出来ます。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

丁度、授乳のタイミングだったため、ミルクは公園であげることに!

※道がでこぼこのため、この日は入口付近まで…歩けるようになったらまた来ましょう。

三井アウトレットパーク

続いて入間の三井アウトレットパークへ…ここは息子というより、夫婦のリフレッシュのためかな?

息子がお疲れのようなので、隣のコストコは後日…

三井アウトレットパークのトイレでオムツ交換

最後に地元のスーパーでお買い物をして外出終了…

所要時間は9:00~17:00位

夫婦で育休ならではの1日でした。

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました