スポンサーリンク

山口県…防府天満宮・毛利氏庭園

旅ブログ

夫婦で育休を取得して九州へ。

帰路では山口県、三重県に宿泊して東京に帰ることに!

 

防府市への到着が夜20時だったこともあり、初日はホテルへ宿泊のみ。

 

本日は午前中は防府観光、午後は車で三重県を目指します。

防府天満宮

まずは防府天満宮へ。

防府天満宮

調べたところによると…

防府天満宮(ほうふてんまんぐう)は、山口県防府市にある神社。菅原道真を学問の神として祀った天満宮である

wikipedia

学問の神様ということで、息子にも何か御利益があるかもしれませんね…

合格まんじゅう

防府天満宮のそばには合格祈願のお土産がならびます。

入口

入口からは見渡す限りの階段が……

ベビーカーを脇に置きここからは抱っこで進みます。

防府天満宮
敷地内
敷地内

平日の午前10時頃とあって、敷地内、駐車場ともに人が少なく、自由に観光できます。

敷地内
敷地内

敷地を全部回るのには30分もあれば十分です。

 

また防府天満宮には『まちの駅うめてらす』が隣接しています。

左手が”まちの駅うめてらす”

ここは

・駐車場

・お土産

・まちの案内機能

上記の役割だけでなく

・授乳、オムツ交換ができる設備があり、無料で利用可能です。

お子様連れでも安心ですね。

 

あっという間に防府天満宮観光を終え、次は車で『毛利氏庭園』に向かいます。

毛利氏庭園

防府天満宮から車で5分ほど行くと毛利氏庭園に到着です。

毛利氏庭園

毛利氏庭園について調べたところによると…

明治新政府は、当初藩主は東京在住を命じる。やがて国許居住が許されると、毛利氏も旧領国に邸宅を設けることになる。

防府市HPより

どうやら明治時代から歴史があるようです。

着工完成まで20年

明治25(1892)年敷地の買収を終わり着工に取りかかるが、日清・北清・日露と戦役が続いたので遠慮して工事を中止し、大正元(1912)年改めて工を起こし、同5年7月完成した。総費用は当時の金で38万円、現在の貨幣価値では150億円ぐらいという。

完成したのは大正時代。費用はなんと150億円。

今で言うと、ユニクロやソフトバンクのトップの豪邸と同じようなイメージでしょうか?(たしか代々木上原と麻布にすごい家がありますよね…)

さっそく息子を連れて庭園内へ

入口

入口からはコンクリートなのでベビーカーで進めます。

入口から庭園まで約5分~歩きます。

庭園へ到着。大人二人で計800円です。

庭園内

平日の午前中という事もあり、庭園内は私達家族のみ!

貸切状態です。

庭園内は手入れが行き届いており、絶景です。

きっと紅葉や桜の季節はもっとキレイなはずです。。。

庭園内

庭園内はコンクリート、砂利、芝生の箇所があるため、一部ベビーカーでは通りづらい場合があります。

 

個人的には無料の防府天満宮より、有料の毛利氏庭園のほうが感動的(お勧めです)

以下の

防府市HPの写真を見るだけでも再度行きたくなります。

 

時間的に防府市観光はここまで。。。

午後は車で三重県伊勢神宮を目指します。

※因みに防府市から車で伊勢まで600キロです。。。。。

(父ちゃんがんばります)

息子はしばし休憩へ

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました