スポンサーリンク

もしも専業主婦だったら……?

ママのブログ

こんにちは、ママです。

出張先のパパから先日の記事についての意見が欲しいということでしたので、まとめてみました。

さて、1週間専業主婦体験?をしたわけですが、そこから見た専業主婦の生活(予想)と現状の時短正社員での共働き生活のメリットを比較してみます。

※パパも書いていましたが、あくまでも「今の」「我が家の場合」を考えたものです。

専業主婦のメリット

まずは、仮に専業主婦だったらどんなメリットがあるか考えてみました。

1日中息子を見ていられる

一番のメリットは何といってもこれ、というかメリットというよりもはや目的ですけど。

かわいいいいいいいいい

初日、ゆっくり半回転しかできなかった寝がえりが夕方には1回転できるようになっていました。

こんなに1日で成長するんだ!と驚いたとともに、

ずっと一緒にいたら目の前で日々成長していく「初めて」を感じられるのだろうなと思いました。

あ、あと普通に何もしなくても息子を眺めているだけで可愛くて幸せです。

平日の時間的余裕

勿論息子のご機嫌次第ではありますが、平日でしか行けない役所・銀行・病院系に気軽に行けるのはメリットですね。

どこか遊びに連れていくにも空いていたり、あとは平日料金の方が安いとかもありますよね。

最も、今回は結膜炎+咳のためほぼ引きこもり生活だったので予想ですが。

それでも、出産前に二人で話していた「毎日絵本10冊読み聞かせ」みたいな余裕もありそうかなと思いました。

精神的余裕

正直24時間息子と二人っきりの生活、もっと追いつめられるかなと思っていたのですが、意外と心豊かに過ごせたような気がします。

勿論泣かれるのは辛いですが、最近はちゃんと抱っこしたら泣き止んでくれるので大分楽になりました。

肉体的には辛いですけど…

 

翌日仕事と考えると、夜寝てくれないと「21時までに洗濯回して保育園の準備をして、明日も5時に起きるから22時には寝たいし……」という思考になるし、

朝も自分の身支度と家事を終わらせなければ、何時までに出発しなくてはという自分用のタスクに追い詰められます。

それに息子を付き合わせずにできるのもメリットだと思います。

朝7時半から息子が寝ても10分で起こすことなく、好きなだけ眠らせてあげられる。これって素晴らしい。

 

ちなみに、今回はほぼ家事放置(最低限の洗濯・掃除のみ)、比較的ご機嫌な息子との生活でした。

たぶん専業主婦なめんな、って感じで、恐らく実際はもっともっと辛いものと思われます。

また、2~3ヶ月頃の二人きりでのお留守番はそれなりに辛かったことを思うと、

・息子の成長具合(表情豊かになり可愛い、ようやく寝返りができる程度で行動範囲はとても狭い)

・育児以外のタスク(家事その他の用事がどの程度あるか)

・パパの行動(今回はお仕事。前回は遊びに行っていたので「羨ましいストレス」があったのではと推測)

などの要素によってこの項目は大いに変化しうることと思われます。

 

今回だけのことを考えれば「やらなければ」というものはほぼなく、ストレスのない1週間となりました。

ただ、それでも無音に耐え切れず、平日はほぼつけていないテレビをつけてしまいましたが……

罪悪感が消える?

現在はお休み頂いている身なので、急にこれだけ長いお休み頂いて申し訳ないと思うのですが、

もし専業主婦だったらそれを感じずに済むのだろうと思います。

息子が体調を崩したとき、仕事場への罪悪感ゼロで息子の心配をして寄り添うのは現状なかなか難しいです。

時短正社員のメリット

では逆に、現状時短正社員での共働きをしているわけですが、その場合のメリットはどんなことがあるでしょうか?

将来への不安が薄れる

この場合、経済的な余裕というよりは、「仕事がある」ことが大事です。

そもそも「こういうキャリアを積んで数年後はこうなりたい!」とか思うようなキャリア志向はなく、

何ならかつて存在したらしい「コピーとお茶くみ」でお金が貰えるならそれが理想、と思うような私。

それでも、仮に専業主婦になったとして、数年後、もしくは十数年後に働くとしたら……

空白期間のできた履歴書を携え、大した技能も経験もなく再就職活動……辛すぎる。

そのことへの不安は専業主婦でいる間中拭えないような気がします。

外部への共有

保育園に預けていることで保育士さんにも息子を見てもらえるのは安心。

もし専業主婦だったら自分だけで育児を完結させなければならないのは結構なプレッシャーだと思います。

何か変化があったとき、私だけではそれが「異常」なのか「正常な発達」なのか判断がつきません。

今までの経験やほかの子を見ている保育士さんに見てもらえるのはありがたいです。

あと、単純にこんなところがかわいかった、って言われるのも嬉しいです。

また、どこかでパパが書いていたと思うので割愛しますが、息子が保育園のメリットを受けられるのも良いですね。

パパへの罪悪感

現状、休みを得ることへの職場への罪悪感は尽きませんが、

専業主婦になることで働いてくれるパパへの罪悪感のようなものが生まれそうです。

今は気軽に洋服とか買ってるけど、「稼いでないし」「仕事行くわけでもないのに」とか思うようになりそう。

自分の時間がもてる

専業主婦体験中は息子が寝てくれれば家事がなければそのまま自由時間にできますが、

すべては息子のご機嫌次第です。

寝たものの私の上……なんてことも多々あるので、ただただ何もできない時間になることも。

このまま1時間起きません。かわいいけどね。

その点、通勤中の電車の中は完全な自分の時間です。

また、息子の機嫌次第では暫く水も飲めない、ごはんも何時に食べられるか分からない……なんてこともありますが、

仕事中は必要に応じて水分補給できるし、昼休憩も決まった時間にとれる。

そう思うと結構自由なのではないかと思います。

勿論時間に追われるという面もあるのですが、ある程度計画的に日々を過ごせるというのは私にとってはそちらの方が楽かなと思います。

パパの家事育児参加

さて、ここで先日の記事に話は戻りますが、

これを読む限り、専業主婦の場合の家事育児に求められるハードルがグンと上がると予想されます。

また、平日のパパの家事育児参加はほぼ望めないでしょう……

料理は趣味だから気分で料理はしてくれそうですが、気分でされたらそれはそれでストレス源になりそうな気もします。

 

未来予測(もしも専業主婦だったら……?)

今回の生活を考えるとほぼ家事放置で息子とべたべた暮らす日々になるでしょうね。

ほとんど1日中つきっきりで、望んだときに抱っこしてもらえて、たくさん遊んでもらえて、最初息子はそれなりに幸せかもしれません。

しかし寝た隙を狙って必要最低限の家事をするものの、

途中で泣けばそちらに行くのでほったらかしになることも多々あるでしょう。

家は荒れ放題、パパは「ずっと家にいるのにそんなこともできないのか!」といらいらが募る日々。

やがて愛想をつかされてお別れするものの、職無しでは息子を育てられる見込みもないので息子はパパの元に……

 

辛い!辛すぎる!

逆パターンで「パパに愛想をつかされないために完璧に家事するver.」も妄想してみましたが、

今度は息子放置になりそうな気がして悲しくて想像できませんでした……

臨機応変にすべてをこなせる方でないと専業主婦はやっていけないような気がします。

ちなみに

それでは、間をとってパート生活はどうでしょう?

仮に徒歩圏内の近所で9時~14時くらいのパートを週5、保育園にも預けられると仮定します。

〇お迎え時間が早くなり、息子との時間がある程度確保できる。

〇何かあった場合、お迎え後に病院が開いているのは安心。

〇日中は保育士さんに見てもらえるので安心。

◯将来的に幼稚園という選択ができたり、小学生になったときに学童に預けなくても良くなる。

△恐らくパパの家事育児への期待値は専業主婦だった場合と同等に上がる。

△自分の時間はほぼ無さそう。

△時給1000円、20日として月10万……そこから色々引かれると考えると……

△将来再就職するなら専業主婦だった場合と同等の不安を抱えそう。

△現在よりも急なお休みがとりにくそう。

△恐らく近所で考えると接客業になりそうなので仕事のストレスが上乗せされそう……

結論

我が家の場合、現状維持が妥当のような気がします。

こう考えると、切迫早産になったとき等、辞めることにならなくて本当に良かったけれど、今後何かあったときが恐ろしい。

しかし私の能力値(仕事においても家事育児においても)がもっと高ければ選択する可能性もあるのかも?

 

と、色々と考えていたらパパより長くなってしまいました。

お読み頂きありがとうございます。

 

さあ、明日はパパが出張から帰ってきます。

会えなかった分、たっぷり息子と遊んであげてね。

ぱぱまってるよ!

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました