スポンサーリンク

育休中の子育て方針…現実は?

子育てについて

息子が産まれる前に育休中の子育て方針について話しあいましたが、現実やいかに??息子が産まれて2週間たちましたが、理想と現実を振り返ってみました。

──────────────────

家事分担について

家事は基本、私がやることに。掃除、料理、食器洗い、ゴミ捨て、買出し等々

ママは子供の相手が大変だけど、私の苦手な洗濯物のフォローをすることに。中略

おむつはママがメイン。パパはサブ。

お風呂はパパ。ママは着替えを用意します。

ミルクはママがあげます。

だっこ。寝かしつけ。ママがメインです。。等 以前の考え


→出産前は上記の分業のイメージでしたが実際は『すべての家事や育児を同時並行でお互いがやったほうが圧倒的に効率が良い』です。

→迅速に対応したほうが息子もストレスがないはずです。

──────────────────

例えば

→私がオムツを替えて、オムツを捨てに行く

→ママは新しいオムツを穿かせる

→ママはそのまま授乳

→私はその隙に粉ミルクを作る

→ママの授乳が終わったら私が粉ミルクを息子に飲ませる

→ママはその隙に煮沸消毒準備

→粉ミルク後に私は『息子にげっぷ』させる

→ママは煮沸消毒

→私が息子を寝かしつける

→ママは洗い物 等

──────────────────

お風呂の時も

→ママが息子の着替えを準備

→私が息子をお風呂に入れる

→ママが息子を拭いて着替えさせる

→その隙に私はシャワーを浴びる

→私が息子をあやす

→ママはその隙にシャワーを浴びる 等

──────────────────

上記を一人でやるとしたらゾッとします。

──────────────────

環境の方針

テレビは原則禁止、常にクラシック音楽を聴く(すでにやってますが、夫婦の会話が増えてとても良いです)

録画のみ子供が寝た隙に見れるといいかな。 等 以前の考え

→出産後、テレビは一切見なくなりました。

子供にはまだテレビの習慣をつけさせたくないことと、今は自由時間は夫婦で読書や勉強の時間にしているという2点があります。

→また読書や勉強等、何かしないと『職場復帰』の際に不安という『強迫観念』があることも事実です。

→テレビ無しも慣れるとなんてことないです。ケーブルテレビ解約かも?

──────────────────

音楽はクラシックオンリーです。

→読書の妨げにならない

→夫婦の会話が弾む

→子守唄替わりになる

そんな感じです。

──────────────────

男性の役割

まだ息子誕生から2週間ですが、『育児』って『子供の命と成長が掛かってる』とても大切な期間と実感。

息子が寝言?(うなり声)しゃっくりをしただけで親は心配で目が覚めてしまいます。

──────────────────

男性の育児休業について、まだまだ世間では賛否あるのも事実ですが、仕事の方が偉いとか育児の方が大変とかの問題ではなくて、”各家庭ごとに仕事と育児が共存できるふさわしい形”をとれれば子供にとってそれが一番良いのかもしれません。

例えば夫婦で育休は理想的ですが、状況的に無理であれば、他にも『おばあちゃんが手伝ってくれる』とか『親戚が応援に来る』とか『里帰りする』とか。仕事と育児を夫婦間で共存させ、尚且つ、子供優先の選択肢はいくつかあるはずです。

──────────────────

とにかく育児をママ一人の責任にしてしまうと『ママのメンタルがパンクするリスク』は極めて高い。それだけは既に私でも分かりました。

まずは旦那が心の支えになれれば良いですね…

──────────────────

余談ですが……

そうなると双子育てている人たちって何者?(凄すぎです)

──────────────────

↑よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました