スポンサーリンク

図書館に行ってきました!

ママのブログ

こんにちは、ママです。

昨日は授乳の合間をパパに任せて、久々に街の図書館に行ってきました。

 

今までは文庫本少ないなーなんて思ったこともあったのですが、子どもができると視点も変わりますね。

児童書コーナーの充実ぶりに驚き!

0歳児用の絵本なんて数えるほどしかないだろうと思っていたのですが、0~2歳用と書かれた絵本がたくさんありました。

息子には本をたくさん読んで欲しいので、経済的にも家の収納的にも図書館が活用できるのはありがたいことです。

借りてきた絵本(2冊)

とりあえず、低年齢用の絵本を見比べて2冊を借りてみました。

『くるくるくるりん』/杉田比呂美(福音館書店)

くるくるしたものが次々登場して、何かなー?と考えさせる絵本。

読んでみると答えが予想外すぎるのが面白い!

帰ってパパと二人で読みましたが全然当たらなくて、大人でも楽しめました。

息子はくるくる渦巻きをよく目で追って楽しそうにしています。

『でてこい でてこい』/はやしあきこ(福音館書店)

ページの構成は『くるくるくるりん』と同様で、「でてこい でてこい」と次のページへいくと隠れている動物が出てくるつくりになっています。

まだ目が見えない(と思われる)息子には単色なのが良いかな?と思い選びました。

こちらは帰って早々、パパが「早く読みたい!」とワクワク。

昨日今日だけで何度読んでいるか分かりません。

息子も一応興味を持っている模様……?

大人用の課題図書(2冊)

絵本とは別に、我々大人の勉強用にも2冊の本をチョイス。

 

・『絵本があればだいじょうぶ!』/浜島代志子(じゃこめてい出版)

・『赤ちゃんは世界をどう見ているのか』/山口真美(平凡社新書)

 

パパと一緒に読んでまた感想を共有できたらなと思って借りてみました。

ちなみに、これを書いている時点で既にパパは読了済みのようなので、明日はパパがどちらかの本をまとめてくれるのではないかと期待しています。

 

 

▲よろしければランキング応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました