スポンサーリンク

道の駅…みとみ

道の駅

秩父から富士山を見に山梨県へ

3月上旬。平日。

道の駅大滝温泉で休憩を終え、親子3人で再出発です。

最終目的地は『道の駅はなかげの郷まきおか』

 

大滝温泉から山梨方面へは2つのルートがあります。

 

まずは通称『ループ橋と呼ばれる』紅葉ドライブ向きのルート!

※正式には雷電廿六木橋 (らいでんとどろきばし)と言います。

雷電廿六木橋

11月頃であれば紅葉がピークで、こちらのルートがお勧めです。(写真は昨年のドライブ時に撮影)

秩父湖

もう一方のルートは『秩父湖』経由のルート。

途中で三峰神社へ分岐するため、休日は多くの人で賑わうルートです。

秩父湖

今回は秩父湖経由でドライブ。

途中道幅が狭くなるため、大きい車の方は『ループ橋』経由の方が良いかもしれません。

 

どちらのルートを選択しても途中で合流して『雁坂トンネル有料道路』を通ります。

 

雁坂トンネル

雁坂(かりさか)トンネルは秩父市と山梨市を結ぶ有料トンネル。

1998年の開通までは雁坂峠で山梨へ向かうしかなかったため、秩父は『陸の孤島』と呼ばれていました!(今でも雪が積もれば孤島と化しますが)

 

全長は約6.6キロとかなりあります。(一般道路では日本2位の長さのトンネル)

 

高速道路ではないため、前の車が遅いと『かなりのストレス』です。

幸い今回は平日のため、ガラガラ。

それでも6.6キロは長く感じます。

 

料金は普通車で730円。ETCは利用できません。

道の駅みとみ

雁坂トンネルを抜けるとそこはもう山梨県。

2キロほど進むと『道の駅みとみ』が見えてきます。

道の駅みとみ

車を降りるとかなり肌寒い。

東京と比べると秩父も寒く感じますが、ここはさらに気温が低いですね。

 

遠くには雪山が見えます!

特産品売場
ほうとう

山梨と言えば『ワイン』と『ほうとう』と『信玄餅』

禁酒中のため、今回は『ほうとう』と『信玄餅』を購入!

400円でお釣りがきました!

残念ながら冬はお客様が少ないためか『レストラン』は4月までお休みとの事。『ほうとうのコロッケ』を食べたかったのですが今回は断念します。

広瀬ダム

休憩を終え最終目的地の『道の駅はなかげの郷まきおか』 までは約20キロ。

せっかくなので道の駅みとみの目と鼻の先にある『広瀬ダム』へ。

広瀬ダム

ここも本当は紅葉がキレイなので、11月頃に来たい場所ですね。

 

このダムがひっそりと台風の洪水被害を軽減してくれているそうです!

息子

日当たりが良いので息子はここで日向ぼっこ

目的地まではあと僅かです!

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました