スポンサーリンク

親の話

家族

子育ての方法は学校で習う事はない。

参考に出来るのは自分の親が自分にしてくれた事だけ。。。

 

うちの親はどんな親だったっけか?

 

父親

アメリカ人なので、英語で俺に話しかける。

俺は日本語で返す。

へんな会話だが成り立っていた。

 

毎日ハグをして、ハイタッチして、公園でキャッチボールしたり、サイクリングしたり。

 

たぶん中学に入るまではよく遊んだ気がする。

 

でも中学からは一緒に歩く事が恥ずかしくて。

外人と思われるのが嫌で。

 

しかもスキンヘッドですごい太っていたから…

 

 

 

「何でそんなに働いているの?」と聞くと 

 

「That’s my life」

 

といつも答える。

 

「嫌じゃないの?」と聞いても

 

「That’s my life」 ばっかり。

 

 

帰りの電車が偶然一緒だと…

満面の笑みで「hi」って近づいてくる。。。

 

たのむ来ないで……恥ずかしいよ…と思っていた10代の頃。

 

 

 

20代になり、俺も働くようになり、少しだけ恥ずかしさが薄れてきた。

 

それでも毎日のように「How are you?」ってメールしてくるのは勘弁してほしかった。

知らないうちに俺のガールフレンドにも毎日メールしてるし。。。

本当に毎日だったからね。365日。

 

 

 

クリスマスは毎年「ターキー」を焼いてくれた。

地元の友達が毎年楽しみにしてくれる「我が家のクリスマスパーティ」

この日だけは、父が誇らしかった。

 

 

 

30代になり、やっと一緒にビリヤードしたり、ドライブするようになったのに。

父はこの世から去った。

 

  

俺がもっと早く自立してたら、もう少し長生きしてくれたかな?

俺が十代のころ…たばこ吸った時、禁煙してたはずのたばこを一緒に吸うようになったからかな。。。

 

家族のために、朝から晩まで仕事して。

子供のことを心底愛していて。

 

日本には友達があまりいないから。

尚更、家族を大切にしてくれた。

 

最高のお父さん。

ああ 会いたい。

 

一晩語りたい…

 

俺もお父さんみたいな父親になれるかな。。。

 

「That’s my life」

それが俺の人生さ!って

 

今日は鶴になった父ちゃんでも聞いて寝よ。。。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました