スポンサーリンク

白米からロウカット玄米へ

生活習慣改善

母乳で育てるなら母親の食べ物は重要との事で、大分の親戚から『三分づき』の米を頂きました。

 

これまで白米しか購入してこなかった私達には初の試食。

 

見た目は茶色いですが、ふっくらして『味も良く』白米より健康にも消化にも良いので、思い切って主食を白米から変更することにしました! 

 

とは言っても玄米のままだと長時間(20時間位)水に浸けてから『炊く』というデメリットが。

 

三分づきの米は『玄米』を購入して『精米』するという手間が掛かってしまいます。

 

そこで我が家では上記デメリットを解消できる『ロウカット玄米』を主食とすることにしました。

ロウカット玄米

ロウカット玄米とは東洋ライス株式会社が作っている特殊加工が施された玄米です。

ロウカット玄米

メリット

 

玄米には本来『糠層』や『胚芽』に多くの栄養が詰まっていますが、精米してしまうと、その『栄養部分』が削られてしまいます。

※つまり白米とは『栄養素を削ってしまった米』という事です。

 

しかしロウカット玄米は『防水性』の高い『ロウ層』と呼ばれる部分のみをカットしているため、≪白米のようにふっくら炊けて≫≪玄米と同等の栄養≫を得られます。

 

実際に『ロウカット玄米』に変更して約1ヵ月が経ちますが、感じたメリットとしては↓

・無洗米なので、研がなくてよい

・玄米より美味しい

・白米より栄養がある

・消化がよい

・夫婦ともに体重が減った!

上記メリットを感じています。

 

メーカー公表のメリットとしては更に糖質・カロリーオフというメリットがあるようです!

デメリット

デメリットとしては

・無洗米ですが、炊飯器の中で水に約1時間浸けてから炊かなくてはいけないため、炊きあがりまでに最短で約2時間掛かります。(常にタイマーで2時間後をセットします)

・白米は通常5キロで1,500円~2,000円で購入していましたが、『ロウカット玄米』は4キロで2,800円します。

総評

デメリットはありますが、それでも毎日食べるモノなので、栄養素が高い事は子育てするうえで重要だと感じています。 

 

≪栄養比較≫

食物繊維…白米の約7倍

カルシウム…白米の約1.2倍

ビタミンE…白米の約14倍

  

したがって、米の価格が約2倍にはなりますが、我が家では『ロウカット玄米』を継続することに!(月に2,000円位の差)

 

健康に目がいくようになると『おかず』にも気を使うようになりました。

献立

今では献立に『まごわやさしい』を実践しています。

 

ま…豆

ご…ごま

わ…わかめ(ひじき、のり等)

や…野菜

さ…さかな

し…しいたけ(まいたけ、えのき等)

い…いも

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました