スポンサーリンク

「最低賃金1,500円」という無責任の公約

人事ネタ

れいわ新選組の公約

最低賃金1,500円

 

この公約がどれほど無責任で弱者いじめなのか説明します…

 

 

≪現状の日本≫ 一般的な中小企業の新卒給与の場合 

※1日の勤務時間は7.75時間 月間の残業時間を40時間 年間休日を110日とします。

※基本給166,500円(時給にすると約1,000円) 残業見合(月40時間)50,000円で計算。

 

上記を”公約通り最低賃金1,500円”にすると…

 

≪新卒の初任給は321,900円に!≫

1,500円×164時間(月間勤務時間)= 246,900円(基本給)

残業見合は1875円×40時間=75,000円

新卒給与… 246,900円(基本給) 75,000円(残業見合)

合計 321,900円 (月給)

※上記が新卒の給与です。すごいですね!

 

※会社はその他にも社会保険料や交通費を払います。

  

≪年間休日194日の会社≫ 

もしくは

給与金額を上げずに月の基本給166,500円 残業見合を 50,000円のままにする場合

166,500円÷1,500円=111時間

※給与金額をそのままにすると月間で111時間しか働けません。

 

※更に111時間を1日の労働時間で割ると『月間の働ける日数』がでます。

111時間÷7.75時間=14.3日(月間稼働日数)

 

上記の月間稼働日数に12カ月を掛けると、年間の出勤日数がでます。

14.3×12か月=171.6日(年間稼働日数)

 

1年365日から年間稼働日数を引くと年間休日がでます。

365日-171日=194日(年間休日)

 

なんと最低賃金が1,500円になっても月給を上げない場合は、年間休日194日の会社が出来上がりです。(月16日休み)

 

一見すると素晴らしいですね。

 

しかし、今の我が国の経済状況(経済成長率、物価、地価がほぼ横ばい)で最低賃金だけを上げると様々な問題点があります。

最低賃金1,500円の問題点

企業が倒産する

・最低賃金が1,500円になったら企業のキャッシュアウトは当然に増えます。

しかし、商品の販売価格(例えば最低賃金が毎年10月に上がっていますが、物価は上がってないですよね。)は上がらない。したがってキャッシュインは増加しない。

 

さらに、いずれ「仕入価格」も上がる(仕入先の人件費が上がるため)→益々経営を圧迫。

  

つまり多くの企業が支出が増え、原価が上がり赤字に転落→倒産します。

 

企業がブラック化する

韓国では2年で約25%最低賃金を上げました。

そんな事をしたら、経営者は当然、利益確保のため、限界まで「人件費を削減」します。(シフト削減、クビ等)

 

その結果、昨年の韓国の失業者は過去最高の100万人を超えるはめになりました。

もちろん景気は悪化しています。完全なる政策の失敗です。

 

そして、運よく働いている人達の仕事量だけが増えていくのです。(例えば飲食のワンオペだったり、隠れ残業等)

高齢者、障害者雇用率が激減する

企業は時給1,500円を払うからには『時給1,500円以上の働き』をしてもらわなくては、ただコストが増すだけです。

そうなってくると、ハンデを負っている人は益々採用されづらくなります。

 

私も過去に70代の方を採用して活躍してもらった事がありましたが、時給1,500円だったら採用できません。(その方の場合は生産性が時間当たり1,500円無いため赤字になります)

これが企業の現場目線の本音だと思います。

※この表現に気分を害してしまう方がいたらお詫びいたします。

 

つまり最低賃金を上げると弱者が困るのです。

 

最低賃金なんてやめてしまえ

「最低賃金」をやめるとどうなるでしょうか?

実はメリットもあるのです。

先ほどの例のように、高齢者や障害者雇用率は間違いなく改善します。

※例えば時給1,500円だと採用できないが、時給700円であれば採用できる人も大勢います。

 

しかし時給700円では通常、人は集まらないため、いずれ適正な時給になります。

 

つまり安い時給で人をこき使う企業は『優秀な人材が採用できず』淘汰されます。

所謂「市場の原理」に任せるのです。

 

ポピュリズムの恐ろしさ

今回のれいわ新選組の「最低賃金1,500円」の公約は本当に弱者の事を考えていたのでしょうか?

 

それとも政権を取れない状況なのを良い事に大衆に聞こえの良い政策を掲げて「ポピュリズム」に走っているのでしょうか?

 

(だったら最低賃金3,000円位インパクトがあった方が面白いと思う)

 

私はかつて「高速道路はすべて無料にする!」と言っていた政治家を信じて投票しました。

そして裏切られました。

 

彼らが私達を騙すなら、私達も知恵をつけなくてはいけません。

この世の中は『騙される方が悪いのですから』(悲しい現実です)

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

  1. メグ より:

    こんにちは。
    拝読させて頂きました。
    本当にそうですね。
    応援ポチ。

    • 管理者 より:

      メグさん

      コメントと応援クリックありがとうございます。
      日々勉強しないと騙されちゃいますね。
      また遊びに来てください。

タイトルとURLをコピーしました