スポンサーリンク

専業主婦は私(夫)を駄目にする!?

夫婦円満のために

眼科へ

先週から「目が痒いよ~」と擦りだしていた息子。

 

いよいよ数日前から目が赤くなり「目やに」の量が増えたため、産まれて初めて息子を「眼科」へ連れて行きました。

 

診断の結果は「結膜炎

 

しかも治るまで「保育園に預けてはいけない」との事。

 

妻と相談の結果、今週は妻が仕事を休む事になりました。

 

初の専業主婦状態

妻も私も人生初の「専業主婦」体験。

  

いつもなら

 

・朝5時頃 息子が泣きだす

 

妻は授乳開始 私は離乳食とミルク作り

 

が離乳食を食べさせている間にが他の家事を…

等々

お互い時間が無いので協力して頑張ります。

心境の変化

しかし、妻が専業主婦になったとたん、私の心境に変化が…

 

 ・まず離乳食を朝作らなかった

妻がずっと家にいると考えた途端に「息子のご飯は妻がなんとかしてくれるさ」と「悪魔のささやき」が…

毎朝恒例の朝の「離乳食作り」を初めてサボってしまいました。

  

・食器を洗わない

自分で食べた朝食の食器も妻にパス…最悪ですね

 

・夜遅く帰る

たまたま仕事関連の食事会が夜ありましたが、「妻がいるから遅く帰っても大丈夫だろ」と甘えてしまいます。

 

※まるで実家に帰った時に「お母さんに全部やってもらう」心境です。

結論

夫婦共働きだと「息子のオムツ替えや食事、家事全般」を率先して私(夫)がやろうとするメカニズムが働くが、専業主婦がいると「妻がやってくれるだろう」と甘えてしまう。

 

そうなると結果的に「息子と私」が触れあう機会が減る(抱っこ、オムツ替え、ミルク、保育園の迎え等々)息子はパパが構ってくれる時間が減り悲しい。。。はず…

 

また妻の私へのリスペクトが減り続ける…

※勝手な想像ですが、専業主婦になったせいで、「パパが家事や育児を全然やってくれない…」と思うようになる。

 

したがって、のため、息子のため、のため、夫婦円満のためにも我が家では「共働き育児」の方が良い。という結論に至りました。

 

ひょっとしたら「専業主婦」という役割分担こそが、男を甘えさせているのかもしれませんね。

 

人間は追い込まれないと体が動かない

と言う事です。

 

※このブログはすべてブログ主の主観と実体験です。

 

あしからず…

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました