スポンサーリンク

セルフマインドコントロール・・・今のままでは夢は絶対かなわない

人事ネタ

これまで数多くの面談をしてきました。

そして数多くの若者の夢を聞いてきました。

  

「将来はこうなりたい」

「人から信頼される人間になりたい」

等々 はたして皆さん本当に「なれた」のでしょうか?

 

今回のブログはそんな夢についての考え方を書いていきます。

※かなり主観なので、ご了承ください。

「なりたい」と「なる」の違い

「なりたい」とは実は「何もしていない人」の事を言っている気がします。

例えば、面接でも日常会話でも↓

 

・痩せたい

・今年こそ筋トレしたい

・宅建の資格ほしい

・いつか一人暮らししたい

 

など言う人がいますが、

大抵の場合、「宅建の勉強はしているの?」「引っ越し資金は貯めているの?」と聞くと「少しずつ勉強しようと思っています」とか「まだお金は貯まってないです」とか・・・具体的に現在やっている事を言うことができません。

 

つまり「~~になりたい」とか「いつかこうなりたい」っていう人は「実はまだ何もやってません」って面接官に暴露しちゃってる可能性大です。

 

※面接でちゃんとアピールしているのに、不合格が多い人は是非、自分の言葉を振り返ってみてください。

 

ですから面接していても「この子は、しばらく一人暮らしはしないな」とか「少なくとも今年の宅建の試験は受ける気ないだろうな」ということが分かります。

 

反対に「出来る子・受かる子」は「~~になる」って自信を持って面接官に言ってきます。

なぜなら既に行動を起こしているからです。

 

例えば「私は将来、日本と中国を結ぶ貿易の仕事をするんだ」って学生の頃から言っていた友人は「大学生」の間に「中国語」「英語」なぜか「スペイン語」も勉強をして、現在も海外の商社で働いています。

 

友人は「なりたい」ではなく「どうすればなれるか?」を考え行動したのです。

 

宅建の試験に受かる子は

「絶対に今年宅建に合格する」って決めた人たちです。

 

決めた人は逆算します。

 

・どうやら受かるためには「200時間」の勉強が必要。

・7月が試験申込期限。

・10月に試験。つまり

・あと180日ということは、1日あたり1時間ちょっと勉強すれば間に合うな。

・では通学時間にスマホを見るのを辞めて勉強に充てよう・・・とか。

 

目標から逆算する思考を持つようになり習慣を見直します。

 

セルフマインドコントロールの方法

ですから今まで自分が行動できなかったのは「自分が怠けもの」だからではなく思考が「なりたい」だったから「体が動かなかったのかな?」と原因に気が付くことができるのです。

 

そしてそんな自分を変えるには思考を「なりたい」から「なる」に変えれば良いだけと気づきます。

 

このセルフマインドコントロールが出来るようになると重い体が動くようになります。

 

「絶対なる」と心に誓うと、人は考えます。

 

どうすればなれるか?と

「なると決断してもなれない時もある」

でも「なる」って決めても「なれない」時もあります。

 

例えば・・・イタリアでプロサッカー選手になると決めた友人がいました。

 

彼は、サッカーの練習だけではなく、いつか外国人とコミュニケーションが取れるようにと、家に帰ってからイタリア語と英語の勉強もしていました。そして留学という決断をします。

 

しかし、大きな怪我をしてしまい、結果的にプロのサッカー選手になれませんでした。

 

ただし、現在では「英語とイタリア語の話せる社会人」になっています。(羨ましいですね!)

 

他にも東大目指して猛勉強して落ちてしまった友人がいます。

 

ですが、他の中堅国立大やMARCHには余裕で合格していました。

 

つまり夢はかなわなくても「なる」って決めて努力した時間の分だけ、夢に近づいているのであって、無駄にはなってませんね。

 

言い換えれば人生は“自分が「なる」って決めた目標以下の未来”しか絶対に起きません。

 

だから夢や目標は「志高く設定」した方が絶対にお得なのです。(それ以下の未来にしかなりませんから)

 

まとめ

夢はかなえるのではなく、近づいていくもの

 

「なりたい」では「夢は絶対かなわない」

 

「なる」だと「夢に近づいていく」

 

「目標から逆算する思考を持ち習慣を見直せばよい」

 

「人生は“自分が「なる」って決めた目標以下の未来”しか絶対に起きない」

 

「だから夢や目標は「志高く設定」した方が絶対にお得」

 

そう思い込むようになってから物事を継続出来るようになり、人生が少しずつ良い方向へ向かっている気がします。

 

※このブログはあくまで私の経験談なので、参考程度に。。。

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました