スポンサーリンク

妻と約束はしないこと

人事ネタ

今回も人事ネタ。

育休復帰後、多くの方と面談していますが、最後に「質問タイム」があります。

 

中には変わった質問をしてくる方もいますが、過去に数回「夫婦円満の秘訣を教えてください」という?選考とは全く関係ない質問をされる方もいました。

夫婦円満の秘訣

秘訣は複数ありますが、今回は一点だけ。。。あくまで私の経験談なので、参考程度に。。。

 

基本的に夫婦円満の秘訣は「妻と約束をしない関係を築くこと」です。

何故か? 

例えば…

 

私→妻へ「朝食は毎日ぼくが作るよ!約束する」

なんて言ってしまったらもう大変です。

何故なら妻に請求権(この場合は朝食作れと言える権利)を与えたことになるからです。

 

結婚後、体調悪い時や、気分が乗らない時に朝食を作らなかったら「なんで作ってないの?約束したじゃない?」となるかもしれません。

また毎日作ったとしても「約束を守っただけ」で「元々こういう人だからね」と感謝される事もないかもしれません。

 

他にも…

・毎日掃除します。

・たばこは辞めます。

・毎日1時間勉強します。等々

こんな約束をして、守れない度に「夫」としての信頼は失われ、妻も夫も約束によりストレスが増大します。

逆のケースも

逆に「毎日美味しい朝食作ってあげるね!」と結婚前に言われ、約束が守られなかったら「文句を言いたくなるかもしれません」

ではどうすればよいか?

とても簡単です。

妻とは約束をしないこと

自分で決めた事はやる…と自分に対して約束する事

この2点を貫けばOKです。

人に言われてやることはすべてストレスである

・テーブル拭いといて

・洗濯物干しておいて

・食器洗って等々

基本的に人から言われてやることはすべてストレスです。

自分に対しての約束の場合

しかしある日突然、自分で決めた事の場合はいかがでしょうか?

 

・たばこは今から辞める(自分との約束)

・お風呂掃除と食器洗いは俺がやる(自分との約束)

・妻を幸せにする!(自分との約束)

 

自分との約束を守れる人って素敵じゃないですか?

そして約束を継続できた場合、2点のメリットがあります。

メリット…1 自分に自信がつく

人は人に褒められるより、「自分との約束を守る」ことを継続出来た時の方が圧倒的に「自分に自信が付きます

他人と競わず己と戦う。。。。心も綺麗になります

 

※他人と戦って勝つ事は時にとても簡単な場合があります。

何故なら…「足を引っ張れば良いのです」……つまりズル出来ます。

しかし…自分との約束はズル出来ませんね

ただただ己の弱さと戦うだけです。

でも約束した事柄が習慣になれば大丈夫。なにも苦しくありません。

メリット…2 妻に喜ばれる

夫が良い方勝手に進化してくれて喜ばない妻はいません。

 

結婚した時は例え『たばこ吸って』『家事しない』夫でも、ある日突然、家事をする。たばこは辞める。育児に積極的になる……

 

自分との約束を守れる夫。勝手に成長していく夫…

きっと『素敵』に見えるはずです。

そもそも人は何故約束するの?

答え…信用できないから。もしくは信用されていないから。

まとめ

・約束をした時点で相手に請求権がいき、ストレスの原因となる。

・約束をするという時点で信用されていない事に気づくべき!

・約束なんていらない信頼関係(素敵な自分と阿吽の呼吸)を目指すべき!

例外…妻との約束

例外として一つだけ妻と約束している事があります。

それは

私の方が長生きする事」です。

 

信用されてないな…

守れるかな?

いつも妻は泣きそうな目で私に言ってきます。

 

がんばって長生きしますね。。。 

 

※この文章は思いっきり主観と偏見です。あしからず。

 

にほんブログ村 子育てブログへ

▲よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました