スポンサーリンク

2828グラム!無事に産まれました!

出産
200911050121000

前回の続きです。

18時頃からいよいよ耐えきれないほどの痛みが続くようになり、分娩室へ移動。

立ち会い出産を急遽希望した私に看護師さんから↓

『ご主人様は準備ができましたらお呼びしますのでこれを着て待機してください』

との事で↓こんな感じでスタンバイ!

医者みたいな格好です。

一方、壁の向こうには激痛をこらえながらいよいよ出産へ向かったママ。

隣の部屋からママと看護師さんのやりとりが聞こえます。

『うー痛い、ヴー』※ママの叫びにも似たうねり声が。

看護師さんがママにアドバイス

『力抜けば開くけど力入れたら開かないわよ』

『声だしてはダメ』

『子供のことだけ考えて』

『体まっすぐにして』

ママ『もう無理、耐えられない』

看護師さんがママにアドバイス

『それじゃあ赤ちゃん出られないわよ』

『さあいよいよ』

『イキんで、顎引いて』

『おへそ見て』

『目つぶっちゃだめ!』

『声ださない。もったいない』

『泣かない』

『もっと』

『もう一回』

『苦しいなと思ったら息吸ってすぐ吐く』

……すごい迫力です。

でも男は隣の部屋でただ両手を組んで祈るだけ。

何もしてやれない。

このやりとりが延々つづき2時間が過ぎたころ。

『でた』『男の子』『よくがんばったわね』

『おめでとう』『19時54分』

となりの部屋から拍手が聞こえる。

いったい何が、たぶん息子が産まれたのだろうけど。

とりあえず私も嬉しくて涙がでてきた。

しかし……

まだ私は息子を見てない。立ち会いじゃなかったっけ?

少し困惑。忘れられてるのかな?

30分位して看護師さんが私の部屋へ。

『急遽、吸引分娩になったため、立ち会うことができなくてなってしまいました。申し訳ございません』とのこと。???

吸引分娩とは↓

胎児の頭に吸着させた吸引カップを牽引して、分娩させること。

三省堂 大辞林より

そういう事なら仕方ないですね。

因みに……男は吸引分娩をリアルで見るとショックを受ける可能性が高いそうです。

【息子と初のご対面】

よく息子もがんばりました。吸引された息子の頭は”ナメック成人”とか”宇宙人”みたいで少し可哀そうでしたが、泣きじゃくる姿が可愛らしい。

頭の形(宇宙人っぽい)は時期が来れば自然と治るとの事。

いやしかし……子供の誕生がこんなに”大変”で”素晴らしいこと”だと気づくのに38年掛かりました。

そしてママのもとへ。

何も私は出来ませんでしたが、感謝です。ありがとう。お疲れ様。

明日、入院セットをお届けにあがります。

22時過ぎ。。。一人で自宅へ “長い一日でした”

”無事産まれてくれてありがとう”

↑よろしければランキングの応援おねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました